日本語なんて通じない|新婚旅行を楽しく過ごすために

ソルティドッグどころかビールも通じない

僕は初めてのハワイ旅行で恥ずかしい経験をしました。
当時付き合っていた彼女と行った初ハワイ。

 

バーでビールを頼んでも通じない。コーヒーショップでコーヒーを頼んでも通じない。トイレの場所を聞いても通じない。レストランで水を頼んでも通じない。

 

通じないことだらけの苦い思い出です。

 

ハワイで初Bar体験

ビールが通じない

 

夕暮れ時、ワイキキのカラカウア通りを彼女と並んで歩いていました。夕焼けの光と少しずつ暗くなっていく感じがとても素敵でいい雰囲気でした。

 

その時たまたまチーズバーガーインパラダイスの前を通ったんです。ガヤガヤとした店内、おいしそうなハンバーガーレストラン。ちょうどおなかも空いていたし僕と彼女はここで食事をすることにしました。

 

テーブル席じゃなくてバーコーナーでの食事

 

あいにく店内のテーブル席は満席とのことで、同じ食事も注文できるから奥のバーコーナーでもいいか聞かれました。もちろん僕はオッケーしました。外国のバーでお酒を飲むなんて、今のいい気分をさらに盛り上げてくれると思ったからです。

 

いい気分のまま案内されたカウンター席に座るとカウンター越しに金髪のかっこいいバーテンさんさんがニッコリ「Hi!」と挨拶をしてくれました。気分は最高潮です。ハワイの雰囲気のいい店で、大好きな彼女とカッコイイバーテンさんに作ってもらったお酒を飲めるわけですから。

 

ただ、ここから一気に現実に引き戻されましたけど・・・

 

 

僕の英語は全然通じない

 

驚くほど通じなかった僕の英語。
思ってたハワイの言葉事情とは差がありすぎました。

 

ソルティドッグもビール通じない

 

普段はビールからスタートな僕ですが、せっかくだからカクテルを作ってもらおうとソルティドッグを注文することにしました。

 

僕 :「ソルティドッグ、プリーズ」
Bar:「sorry?」
僕 :「ソルティドッグ!」(声が小さいからかとやや大きく)
Bar:「What??」
僕 :「ソルティドッグ?」(日本だけのカクテルなのかと不安に・・・)
Bar:「I’m sorry」(店員さん、彼女の方を見る)
彼女:「salty dog ,please」
Bar:「OH! I see♪」(ニッコリ)

 

僕:愕然!ショック!

 

全然通じないんです・・・。
でも雰囲気とお酒でいい気分になった僕は次のお酒も自分で頼もうとチャレンジです。ソルティドッグは難しいのか!?と思い、今回はわかりやすいビールを注文。

 

僕 :「ビール、プリーズ」
Bar:「sorry?」
僕 :「ビアー!」(自分なりに英語っぽく)
Bar:「What??」(今回はここですでに彼女に助けを・・)
僕 :「ビアーじゃ通じないの?」(僕も彼女を見る)
彼女:「He said "beer".」
Bar:「OH! Beer♪」(ニッコリ)

 

 

 

ビールまでも通じない!再ショック!

 

いい気分だった夕暮れ時の記憶なんて遥かかなたです。ここまで自分の英語が通じないなんて、ハワイに来る前には思いもしませんでした。

 

でも、この後の旅行期間ずっと苦労は続きます。僕の英語は全然通じなくて、コーヒー一杯頼むのにも彼女の助けが必要だったんです。一度移動式コーヒーショップでコーヒーを頼んだら、「○○○?」って言うので「Yes」と答えたらすごい甘い飲み物が出てきた失敗があるので、チャレンジしたくないときは全部彼女に注文してもらいました。

 

なんとも情けないけれど、本当に彼女の英語が通じる英語でよかったと思いました。


TOP 新婚旅行での恥 ケンカの原因 伝わる英語とは